フェスティバロの歌声
今日もフェスティバロのクルーたちは明るく元気に活躍しています。そのラブリーな報告をお聞き下さいませ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ラブリー空港』(鹿児島空港店)より
 鹿児島空港のことを、関東方面からの団体客の皆様が、『ラブリー空港』と読んでいらっしゃいました。
 この空港で「ラブリー」がデビューして、すでに18年。……最初にスチュワーデスさんたちが並んでお買い求め下さったことから、大ブレーク。そして今日まで人気は衰えず、“永遠の恋人”というニックネームをいただいています。
 さて、現在、この『ラブリー空港』で、ラブリーを販売しているフェスティバロの社員は3名。ただ一筋に10年余り従事しているベテランもいます。

『ラブリー空港』特集・第3回です。


-----------------------------------------------------


◎平川千代美(鹿児島空港店)

★私もラブリーファンです。頑張ってね。
 半年に一度くらいご来店下さるお客様が、本日は奥様とともにご来店下さいました。「こんにちは。いつもありがとうございます」と挨拶すると、「いやいや、こちらこそ。いつも気持ちよく、美味しいおみやげを勧めてくれるので、家に帰ってからもいい気分なんだよ」とおっしゃいました。その横で奥様も、「食欲がないときでも、ラブリーなら何個も食べられるから、不思議なのよ。私もラブリーファンです。頑張ってね」と励まして下さいました。10個入り7箱。とてもうれしかったです。


★おっ、おっ、おお、No.1ってだけあるわ!!
 男性グループのお客様が、「おっ、これじゃないか、黄色い箱で、鹿児島No.1というケーキは」と騒ぎ立てておられました。「は~い、No.1の人気商品です」と言いながらご試食をお渡しすると、「おっ、おっ、おお、No.1ってだけあるわ!!鹿児島の芋は全然違うんじゃないか。こんなケーキができるなんて」などと言い合いながら、みなさんまとめ買いして下さいました。


★一列にびしっと並んで下さいました
 「朝の一便は搭乗者が1,400人です」という館内放送が流れたので、試食を切ったり、準備を整えて待ち構えました。まもなく、エスカレーターを上がってこられた大勢のお客様が、真っ直ぐこちらに走ってこられました。左から「ラブリー3箱!」右から「西洋風唐芋5箱」などと、ほとんど大混乱という状態に。私はうれしいけど、泣きたくなる気持ちで、「は~い、みなさん、ご順番にお願いいたします。お待たせいただいませんように、手際良くやりますので、お並びください」と叫びました。何と、次の瞬間、お客様たちは一列にびしっと並んで下さいました。あとはもう、夢中でしたが、スムーズなサービスができました。みなさんが不機嫌なお顔もされずに出発されたことが、すごく、一番うれしかったです。


フェスティバロのホームページにもいらしてください♪
http://www.festivalo.co.jp/
スポンサーサイト
『ラブリー空港』(鹿児島空港店)より
鹿児島空港のことを、関東方面からの団体客の皆様が、『ラブリー空港』と読んでいらっしゃいました。
 この空港で「ラブリー」がデビューして、すでに18年。……最初にスチュワーデスさんたちが並んでお買い求め下さったことから、大ブレーク。そして今日まで人気は衰えず、“永遠の恋人”というニックネームをいただいています。
 さて、現在、この『ラブリー空港』で、ラブリーを販売しているフェスティバロの社員は3名。ただ一筋に10年余り従事しているベテランもいます。

『ラブリー空港』特集・第2回です。


-----------------------------------------------------

◎堀ノ内みどり(鹿児島空港店)

★パパの分も入っているぞ

 「見つけた!パパ、見つけたよ」。ラブリーのショーケースの前で、男の子が叫びました。お父さんが小走りに現れて、「よかった、よかった」と言って、10個入りを8個もお求め下さいました。男の子が跳びはねながら、「ママの分も入っているの?ぼくの分も入っているの?」と何度も聞いていました。お父さんは「パパの分も入っているぞ」とおっしゃいました。おうちに帰られた後、みんなでラブリーをお楽しみになるのだろうなあ、私はその光景を空想しました。

★新しい時代が来ているのねぇ

 ラブリーをご試食された女性のお客様が、「他のお店も回ってみる」と言って立ち去られたのですが、しばらくして戻ってきて、「あちこちでいろいろ試食したけど、ラブリーが一番ね」と言われました。そしてお買い求め下さり、「お芋がこんなになめらかになるなんて不思議ね。こんなところにも新しい時代が来ているのね」と。すごくご機嫌で、こちらまで元気になりました。

★テレビでタレントが紹介してたじゃないか

 数名の男女がお店の前を通りながら、「ほら、あのラブリー。チョウ人気だよね」と話していました。「知ってる、知ってる。この前、テレビでタレントが紹介してたじゃないか」と会話しながら、結局、素通りなさいました。ちょっと拍子抜けしたのですが、でも、この人たちのおかげで、他のお客様がどっと集まって下さいました。まるでサクラのような人たちだったなあ。感謝感謝。


フェスティバロのホームページにもいらしてください♪
http://www.festivalo.co.jp/
『ラブリー空港』(鹿児島空港店)より
 鹿児島空港のことを、関東方面からの団体客の皆様が、『ラブリー空港』と読んでいらっしゃいました。
 この空港で「ラブリー」がデビューして、すでに18年。……最初にスチュワーデスさんたちが並んでお買い求め下さったことから、大ブレーク。そして今日まで人気は衰えず、“永遠の恋人”というニックネームをいただいています。
 さて、現在、この『ラブリー空港』で、ラブリーを販売しているフェスティバロの社員は3名。ただ一筋に10年余り従事しているベテランもいます。

本日から3日間は『ラブリー空港』特集です。


-----------------------------------------------------


◎浜田知香(鹿児島空港店)

★…お口の中がパラダイスみたい!
 三十代の女性のお客様二人に、ラブリーをご試食していただくと、「うわー、これ、めちゃ美味しい」と唇に手を当てて喜んで下さり、さっそくお買い求め下さいました。そしてお店を立ち去られるとき、二人顔を見合わせながら、「まだ、お口の中がパラダイスみたい」と言われました。私にもそれが聞こえて、思わず笑顔になってしまいました。また一つ、ラブリーを表現するフレーズが生まれたと思いました。……というのも、「ラブリーは永遠の恋人」というフレーズは、スチュワーデスさんたちがそんな風に会話されているのを、先輩社員が小耳にはさんで、自分のセールストークに生かしはじめたというのです。
 私はこれから「お口の中がパラダイス」というフレーズを生かしてみたいと思っています。


★…お姉さん、これめちゃうまいな!
 10名ぐらいの男性グループがおいで下さいました。ご試食を召し上がって、「お姉さん、これめちゃうまいな!一番大きな箱(15個入り)を5箱、買うぞ!」と響き渡る大声で言われました。お連れの方が「お前、何だよ、すげえじゃないか」と驚かれ、この方もまとめ買いして下さいました。その方々が、他の人たちも呼んできて下さり、「これやで、これやで」と勧めて下さいました。変えるときには、「忘れんでぇ、また来るな」と手を振って下さいました。


★…男の子、女の子、微笑ましいラブリー会話
 お母さんと小さな男の子、女の子の三人がご来店下さいました。それぞれに試食をお渡ししたら、お母さんが「やっぱり美味しいね」と女の子に言われました。女の子は「うん、あたし、大好き!」と大声を上げ、私の顔を見てニコニコ笑いました。そしてお母さんが10個入り箱をお買い上げくださいました。帰っていくとき、男の子と女の子が、「おいしかったね」、「うん、おいしかった」、「10個もあるから、お家に帰ったらいっぱい食べられるね」と語り合っていました。私は小さい子供でも、こんな会話をするのかと、ちょっとびっくりしながらも、うれしくなってしまいました。


フェスティバロのホームページにもいらしてください♪
http://www.festivalo.co.jp/
鹿児島中央駅/フェスティバロより
◎増満文架(鹿児島中央駅/フェスティバロ)

 小さな女の子がお店まで一直線に走ってきたので、ラブリーの試食をあげると、「あのね。いつもパパが鹿児島にシュッチョウすると、これ、買ってきてくれるの。ラブリー、大好き!!」とすごくニコニコして、少し跳びはねてくれました。その笑顔が本当にうれしそうで、何となく私は心が現れるような、すごくうれしくなっちゃいました。


フェスティバロのホームページにもいらしてください♪
http://www.festivalo.co.jp/

唐芋ワールド/ラウンジ『みなみ風』農場より
◎徳永華穂(唐芋ワールド/ラウンジ『みなみ風』農場)

 唐芋ワールド2階にある、ラウンジ『みなみ風』農場の名物と言えば、何といっても「焼き芋ジュース」です。
 今日、小さな男の子が「のどがかわいたー」と大きな声で言いながら2階にあがって来ました。その後から両親もご来店。男の子に、お母さんが、「お腹いっぱいでしょう?焼き芋ジュースはお腹に入らないでしょう」と言われるのですが……。男の子は「飲みたい、飲みたい」と言って、お母さんは仕方なくご注文くださいました。そして私がそれを作っていると、男の子は「あっ、紫の芋で作るんだ、すごいぞ」と大喜び。一口飲んで、「やっぱり、おいしー!」と。お母さんも一口飲んで、「おおー、お芋の味!あっさりして飲みやすいわね!!」と喜んでくださいました。


フェスティバロのホームページにもいらしてください♪
http://www.festivalo.co.jp/

鹿児島中央駅/フェスティバロより
◎金井香織(鹿児島中央駅/フェスティバロ)

 昨日ご来店くださった親子のお客様が、今日もまたおいでくださいました。お子様が「どうしても新幹線のなかで『ラブリー』を食べたい」と、お父様におねだりしていました。仕方なく、お父様は5個入りを買い求めてくださり、「これから鹿児島に来る度に、これをねだられるなぁ」と苦笑しておられました。ラブリーの袋を持って改札口に向かうお二人を見て、ラブリーが良い旅の思い出にプラスされたんだなぁ、とうれしくなりました。
 それから20分ほど前にご来店くださった女性のお客様が、旦那様とご一緒にまた戻ってこられて、「これは美味しいから、さきさまも大喜びされるはずよ」とラブリーをお勧めくださいました。旦那様に試食を差し上げると、「おお、これだ、これだ。これはいい」と言って、10個入りを長野にご発送してくださいました。


フェスティバロのホームページにもいらしてください♪
http://www.festivalo.co.jp/

鹿屋フェスティバロより
◎上田真紀(鹿屋フェスティバロ)

 女性のお客様がかわいい女の子を連れて、ご来店くださいました。私が試食をお出しすると、女の子はソファーに座って、美味しそうに食べました。「1才4カ月なのに、美味しいものがわかるみたい。やっぱりラブリーは美味しいからね」とお母さんはにこにこ顔で、ラブリーをお買い求めくださいました。この間に、女の子はこっそりとお母さんの分の試食をペロリと食べて、「おいし~!」と小さな歓声を上げました。その声を聞いて、私もうれしい気持ちになりました。


フェスティバロのホームページにもいらしてください♪
http://www.festivalo.co.jp/

東京フェスティバロ/大丸1階より
◎森永有香(東京フェスティバロ/大丸1階)

 若い男性のお客様が「大丸にはよく来るけど、フェスティバロの唐芋レアケーキ『リンド』しか買う気がしないんですよね」と言われました。お店はたくさんあるのに、そんな風に言っていただけることに、喜びと誇りを感じました。お客様から愛していただいている『リンド』の魅力を、私たちもさらに高められる販売員になろうと思います。


フェスティバロのホームページにもいらしてください♪
http://www.festivalo.co.jp/

東京スカイツリー/フェスティバロ店より
◎吉中和世(東京スカイツリー/フェスティバロ)

 当店の人気商品『大江戸一番・おいらん』をお買い上げくださったご年配の男の方が、大丸デパートのスタンプカードを提示されました。2枚もお持ちで、1枚は満杯でした。「いつも、リンドを大丸で買うんだよ」と笑顔でおっしゃいました。そんな上得意さまが、わざわざこちらのお店まで来てくださったことが分かり、大変感動しました。ご住所を拝見したら、福島の方でしたので、さらに驚きました。しかも、このお客様は周りの人たちに、「ここのお店のお菓子は美味しいよ」と呼びかけてくださったり、本当に本当に、何と言い様もなく、うれしかったです。


フェスティバロのホームページにもいらしてください♪
http://www.festivalo.co.jp/

東京スカイツリー/フェスティバロ店より
◎平井紀子(東京スカイツリー/フェスティバロ)

 私たちの制服は、お祭りのハッピです。社長が自ら浅草の専門店で買い求めたという本場物。……これを目にされたお客様が、「祭りの好きな人におみやげなのよ」と言って、『大江戸一番・おいらん』をお買い上げくださいました。ハッピのおかげでした。



フェスティバロのホームページにもいらしてください♪
http://www.festivalo.co.jp/

鹿児島アミュプラザ/フェスティバロより
◎大村春奈さん(鹿児島アミュプラザ/フェスティバロ)

 昨日、山口からお越しの3名のお客様が、ご試食を召し上がられた後、「いま鹿児島についたばかりなので、明日、帰るときに寄るから」と言われました。「待っていますので、絶対にお寄り下さい」とお話しました。さて、本日、その3人の方が、「来たよ!」と手をあげてご来店くださいました。そしてたくさんのラブリー等をお買い求め下さいました。私はまた来て下さったことがとてもうれしくて、どうすればいいのか分からないぐらいの気持ちでした。
 また今日はカプレスをご試食されたお客様が、「お芋とチョコの組み合わせて、意外だけど、こんなに美味しいのか!すごい発見!!」と感動して下さいました。それからラブリーの大ファンというお客様が、ここのケーキを食べたら、もう他のところのヤツは食べられなくなるねぇ♥」とおっしゃいました。こんなお客様と接しながら、私って、幸せな仕事をしているのだなぁ、と実感しました。



フェスティバロのホームページにもいらしてください♪
http://www.festivalo.co.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。