フェスティバロの歌声
今日もフェスティバロのクルーたちは明るく元気に活躍しています。そのラブリーな報告をお聞き下さいませ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ラブリー空港』(鹿児島空港店)より
鹿児島空港のことを、関東方面からの団体客の皆様が、『ラブリー空港』と読んでいらっしゃいました。
 この空港で「ラブリー」がデビューして、すでに18年。……最初にスチュワーデスさんたちが並んでお買い求め下さったことから、大ブレーク。そして今日まで人気は衰えず、“永遠の恋人”というニックネームをいただいています。
 さて、現在、この『ラブリー空港』で、ラブリーを販売しているフェスティバロの社員は3名。ただ一筋に10年余り従事しているベテランもいます。

『ラブリー空港』特集・第2回です。


-----------------------------------------------------

◎堀ノ内みどり(鹿児島空港店)

★パパの分も入っているぞ

 「見つけた!パパ、見つけたよ」。ラブリーのショーケースの前で、男の子が叫びました。お父さんが小走りに現れて、「よかった、よかった」と言って、10個入りを8個もお求め下さいました。男の子が跳びはねながら、「ママの分も入っているの?ぼくの分も入っているの?」と何度も聞いていました。お父さんは「パパの分も入っているぞ」とおっしゃいました。おうちに帰られた後、みんなでラブリーをお楽しみになるのだろうなあ、私はその光景を空想しました。

★新しい時代が来ているのねぇ

 ラブリーをご試食された女性のお客様が、「他のお店も回ってみる」と言って立ち去られたのですが、しばらくして戻ってきて、「あちこちでいろいろ試食したけど、ラブリーが一番ね」と言われました。そしてお買い求め下さり、「お芋がこんなになめらかになるなんて不思議ね。こんなところにも新しい時代が来ているのね」と。すごくご機嫌で、こちらまで元気になりました。

★テレビでタレントが紹介してたじゃないか

 数名の男女がお店の前を通りながら、「ほら、あのラブリー。チョウ人気だよね」と話していました。「知ってる、知ってる。この前、テレビでタレントが紹介してたじゃないか」と会話しながら、結局、素通りなさいました。ちょっと拍子抜けしたのですが、でも、この人たちのおかげで、他のお客様がどっと集まって下さいました。まるでサクラのような人たちだったなあ。感謝感謝。


フェスティバロのホームページにもいらしてください♪
http://www.festivalo.co.jp/
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。