フェスティバロの歌声
今日もフェスティバロのクルーたちは明るく元気に活躍しています。そのラブリーな報告をお聞き下さいませ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ラブリー空港』(鹿児島空港店)より
 鹿児島空港のことを、関東方面からの団体客の皆様が、『ラブリー空港』と読んでいらっしゃいました。
 この空港で「ラブリー」がデビューして、すでに18年。……最初にスチュワーデスさんたちが並んでお買い求め下さったことから、大ブレーク。そして今日まで人気は衰えず、“永遠の恋人”というニックネームをいただいています。
 さて、現在、この『ラブリー空港』で、ラブリーを販売しているフェスティバロの社員は3名。ただ一筋に10年余り従事しているベテランもいます。

『ラブリー空港』特集・第3回です。


-----------------------------------------------------


◎平川千代美(鹿児島空港店)

★私もラブリーファンです。頑張ってね。
 半年に一度くらいご来店下さるお客様が、本日は奥様とともにご来店下さいました。「こんにちは。いつもありがとうございます」と挨拶すると、「いやいや、こちらこそ。いつも気持ちよく、美味しいおみやげを勧めてくれるので、家に帰ってからもいい気分なんだよ」とおっしゃいました。その横で奥様も、「食欲がないときでも、ラブリーなら何個も食べられるから、不思議なのよ。私もラブリーファンです。頑張ってね」と励まして下さいました。10個入り7箱。とてもうれしかったです。


★おっ、おっ、おお、No.1ってだけあるわ!!
 男性グループのお客様が、「おっ、これじゃないか、黄色い箱で、鹿児島No.1というケーキは」と騒ぎ立てておられました。「は~い、No.1の人気商品です」と言いながらご試食をお渡しすると、「おっ、おっ、おお、No.1ってだけあるわ!!鹿児島の芋は全然違うんじゃないか。こんなケーキができるなんて」などと言い合いながら、みなさんまとめ買いして下さいました。


★一列にびしっと並んで下さいました
 「朝の一便は搭乗者が1,400人です」という館内放送が流れたので、試食を切ったり、準備を整えて待ち構えました。まもなく、エスカレーターを上がってこられた大勢のお客様が、真っ直ぐこちらに走ってこられました。左から「ラブリー3箱!」右から「西洋風唐芋5箱」などと、ほとんど大混乱という状態に。私はうれしいけど、泣きたくなる気持ちで、「は~い、みなさん、ご順番にお願いいたします。お待たせいただいませんように、手際良くやりますので、お並びください」と叫びました。何と、次の瞬間、お客様たちは一列にびしっと並んで下さいました。あとはもう、夢中でしたが、スムーズなサービスができました。みなさんが不機嫌なお顔もされずに出発されたことが、すごく、一番うれしかったです。


フェスティバロのホームページにもいらしてください♪
http://www.festivalo.co.jp/
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。