FC2ブログ
フェスティバロの歌声
今日もフェスティバロのクルーたちは明るく元気に活躍しています。そのラブリーな報告をお聞き下さいませ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京スカイツリー《ソラマチ》FESTIVALO
 フェスティバロの直営店舗が、東京スカイツリー4F/ソラマチの一隅にあります。販売員たちは浅草のハッピを着て、お祭りのように元気いっぱい。商品も下町情緒ゆたかな『おいらん』や『芋舟』などで、東京みやげとして人気を集めています。
 では、チーフの上野千夏が、その様子をお伝えいたします。


◎上野千夏
『おいらん』、『おいらん』と言いながら

 愛知からいらっしゃったお二人のお客様は、当店の名前も場所も知らないまま、ただ『おいらん』というケーキの名前だけを噂で聞いていたため、ソラマチの中を、『おいらん』、『おいらん』と言いながら探し回られたとのこと。そんなお話を聞いて、私は本当にうれしくなりました。お二人で16本もまとめ買いしてくださいました。


お腹に入れて持って帰るわ
 女性のお客様に『おいらん』のご試食を差し上げたら、「うわ、美味しいわね。でも、あと数日、東京を見て回るから今日はお土産として買えないわ。でもね。今夜、ホテルで食べて、お家にはお腹に入れて持って帰るわ」と5個入りを1本お求め下さいました。お腹に入れて持って帰る……なんて。何だかぐっと来ました。


『おいらん』がとても美味しかったからと
 昨日、ご来店の重田様というお客様は、奥様とご一緒で、お話によると、当社の鹿児島の本社にお出かけになり、直営の『みなみ風』農場を見たり、製菓工場を見たりなさったそうです。その際に『おいらん』をお召し上がりになったそうです。そして『おいらん』がとても美味しかったからと、わざわざスカイツリーまでお求めにご来店下さったのだそうで、私はたいへん恐縮しながらも、ありがたいなぁ、と思いました。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。