フェスティバロの歌声
今日もフェスティバロのクルーたちは明るく元気に活躍しています。そのラブリーな報告をお聞き下さいませ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿児島『ラブリー空港』から
鹿児島空港のことを、関東方面からの団体客の皆様が、『ラブリー空港』と読んでいらっしゃいました。
 この空港で「ラブリー」がデビューして、すでに18年。……最初にスチュワーデスさんたちが並んでお買い求め下さったことから、大ブレーク。そして今日まで人気は衰えず、“永遠の恋人”というニックネームをいただいています。
 さて、現在、この『ラブリー空港』で、ラブリーを販売しているフェスティバロの社員は3名。では、その活躍の様子をお伝えしましょう。

★平川 千代美★

1人のお客様が
「あった!あった!さっきガイドさんが一押ししてたラブリーって!
何度も何度も言うもんだから、名前おぼえちゃったわよ」
と話してくださいました。

lovely.jpg
 ↑ 唐芋レアケーキ「ラブリー」

ラブリーの試食を急いでお渡ししますと
「あっ本当に美味しい!口の中ですぐとけちゃった!
これなら孫たちも喜んで食べそう♪
もちろん甘党の旦那もね♪」
と15個入を2箱お求めくださいました。

帰る際に女性のお客様が
「今日のガイドさんは鹿児島の観光地を説明するよりも、
おたくのお菓子を説明する方が熱意がこもっていたよ」
と笑いながら話してくださいました。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。